ブレーキが効かない?

ディスクブレーキの遊び調整?

原付バイク@メンテナンスの【アイシー】です。

ボクの愛車、VTR250のブレーキローターがかなり薄くなってきました。
パッドはまだ残ってるのに、鉄の部分がディスクローターに当たってます。
かなりキテマス。


まあ、ボクのバイクのことはどうでもいいんですけど、最近の原付スクーターはほとんどフロントブレーキはディスクですよね。


で、初心者の方は、ディスクブレーキとかドラムブレーキとかよく分かってなくて、ディスクブレーキなのに、ブレーキレバーの遊びを調節したいとか、難しい注文をすることがあります。(笑)


まあ、気持ちはわからないでもないんですが。


ディスクブレーキは、油圧式なので、遊びの調節は基本的にできません。

社外品のブレーキレバーなどで、調節用ボルトがついたものはありますが。


もし、ディスクブレーキで遊びが多いように感じる場合、ブレーキパッドの磨耗、ディスクローターの磨耗、ブレーキホースの膨張、ブレーキフルードの減少、ブレーキホース内のエア混入などが考えられます。


パッドの交換は、メンテナンス本などを読めば、比較的簡単にできますが、ディスクローターの交換や、フルードの交換、ブレーキホースの交換や、エア抜きなどは、非常に手間がかかるうえに、ある程度の技術がないと、走行中にブレーキが効かなくなるなどの危険があるので、自信が無い場合は素直にバイク屋さんにお願いしましょう。


人気ブログランキング←です♪

ブレーキが効かない?

ドラムブレーキが効かない理由

原付バイク@メンテナンスの【アイシー】です。

昨日、原付スクーターの、ドラムブレーキのメンテナンスはメンドクサイって書きました。

でもまあ、ブレーキシューの交換くらいは、やってできないこともないんですよね。

慣れちゃえば、意外と簡単だったりします。

ただ、安く済ませようとして、バイク用品店なんかで汎用のブレーキシューを買って付けると、ブレーキが効かなくなることがあるんで、注意してね。

メーカー指定のブレーキシューより、汎用のブレーキシューの方が薄い場合があるんで。

ブレーキシューが0.5mm薄いだけで、ブレーキレバーがグリップに当たるくらい、スカスカになっちゃいますから。

そんなときは、アジャスターで調節もできるけど、アジャスターって何?ってレベルの人は、ご遠慮ください。

人気ブログランキング←です♪

ブレーキがうるさい?

そのブレーキ、うるさいよ!

原付バイク@メンテナンスの【アイシー】です。

よくキーキー!キーキー!ブレーキを鳴かせてる原付クンがいますが、うるさくてかないません。

原付のリアブレーキは、まだドラムブレーキが主流です。

ドラムブレーキって、中のブレーキシューが見えないから、ブレーキが効かなくなったりしないと、なかなか気にしないんですよね。。

ブレーキシューのパッドって、ゴム系の素材で出来てるんです。

ゴムだから、当然、経年劣化で硬くなってきます。

硬くなるとキーキー鳴きます。

しばらくブレーキを軽くかけっぱなしで走って、ブレーキが温まってくると、鳴きやんだりする事もあります。

でも、ブレーキシューの表面が焼けてツルツルになっちゃうかもね。

そうなると、鳴く鳴かないの問題じゃなくなります。

はい。 ブレーキの焼き付き、効かなくなる等、リスキーです。

原付スクーターのブレーキシューを交換するには、タイアを外す必要があります。

で、タイヤを外すには、マフラーを外す必要があります。

正直言って、かなりメンドクサイです。

タイヤをとる際に、バイク屋だと、インパクトという工具で、ガガガッ!チュイーン!って感じでボルトを外しますが、自宅にインパクトがなければ(普通の家庭にはないです)、メガネレンチをボルトにかけて、思いっきり踏み下ろすなどの、力技が必要になります。


というわけで、面倒なので、さっさとバイク屋に持っていって、新品のブレーキシューに交換してもらうのが手っ取り早いです。

原付スクーターのブレーキシューなんて、純正で1,500円程度。工賃も1,000円くらい。

ブレーキは命にかかわるからね。

2500円をケチって、死にたくないでしょ?

人気ブログランキング←です♪

<<前の3件  .. 3 4 5 6 7..  次の3件>>



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。