エンジンが異常にうるさい?

なぜか原チャリのエンジンがうるさい

原付バイク@メンテナンスの【アイシー】です。

バイクのエンジンがうるさい、そんなときまず疑うのはマフラーです。

もちろん、わざと大きな音の出るマフラーやチャンバーに交換しているなら、それはそれでいいんですけどね。

でも、何もしてないのになぜかうるさい、静かにしたい!

そんなときはどうすればよいか?



まず、なぜ排気音がするのかを簡単に説明すると・・・。

エンジン内でガソリンと空気の混合気が、爆発してエンジンの回転力を生みます。

このときの爆発音が、排気ガスといっしょにマフラーから排出されます。

マフラーにはバッフルという消音材が入っていて、それにより排気音を抑えてます。



つまりエンジン音=排気音といえます。

ということは、エンジンがうるさい=排気音がうるさい、となりますね。


では、排気音がうるさくなる原因はどういったものがあるのか?

たとえば、タイヤ交換やキャブレターのメンテナンスのためにマフラーを取り外して付け直したり、段差や縁石などにバイクの下回りをぶつけたときに、マフラーの根元にすき間が出来て、爆音がするようになってしまうことがあります。


エンジンとマフラー(正確にはエキパイ)の接続部分には、ガスケットという隙間を埋める部品があるんですけど、それがずれちゃったりすると、排気音が大きくなることがあります。

また、エキパイが錆びて穴が開いたりするとやはり排気音がうるさくなります。

これらは上記のバッフルを介さないで、直接排気ガスと爆発音が外に洩れてしまうせいです。



ということで、対策としては、

■ガスケットをきちんと取り付ける。
■マフラー(エキパイ)に損傷がないか確認して、損傷があれば補修、もしくは交換する。

人気バイクランキング←最近とても役立つ情報が多いです♪

エンジンが異常にうるさい?

なぜかエンジンがうるさい

原付バイク@メンテナンスの【アイシー】です。

エンジンの音といってイメージするのは、やはりマフラーから出る排気音ですよね。

それで、一般的にバイクがうるさいというと、排気音がうるさいということです。

純正マフラーをはずして、社外品のマフラーに交換しているバイクは、基本的にうるさくなります。



さて、マフラーを交換するなどの、いわゆる改造をしていないにもかかわらず、うるさいバイクの場合、何が原因でしょう。

バイクから出る音として、排気音のほかに、吸気音というものがあります。

読んで字のごとく、吸気、つまり空気を吸い込む音ですね。

これはエアクリーナーから聞こえます。

マフラーが純正マフラーで、特に損傷や穴も開いていない、なのに妙に大きな音がする。

そんなときは吸気音かもしれません。

エアクリーナーボックスを開けて、中のエアエレメント(フィルター)を見てみましょう。

通常、スポンジや、紙のフィルターが使われていて、それが破れていたりすると、大きな吸気音がします。



また、エアエレメント自体に問題なければ、エアクリーナーボックスのジョイント部分の取り付けを確認します。

特に、エアクリーナーボックスからキャブレターにのびているホースとの間に隙間などがないか。



エアクリーナーに問題があって、そこを改善して吸気音を抑えることで、かなり静かになることもあります。

人気バイクランキング←最近とても役立つ情報が多いです♪


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。