原付バイク@メンテナンス > アイシーの独り言 > 終・動かないバイクの売り方

アイシーの独り言

終・動かないバイクの売り方

なにげにシリーズ化してきた、不動バイクの売り方ですが、
今回で最終回です。


最終的にはまさかの結末を迎えることになるわけですが、
とりあえず、前回の続き。


一晩寝ずにネットで情報収集をした結果、なにげに2社同時査定は
いいかもしれない、ということが分かりました。


しかも、これは最終的にラッキーなことにつながるんですが、
通常、モトソ肉は、同時査定はしないそうです


今回は、たまたまモトソ肉が先に電話してきて、出張査定の段取りを組んだ後に、バイコーが同時査定を提案してきたため、モトソ肉は、同時査定になるということを知らずに来てしまったわけです。


もし、先にバイコーが予約していて、後からモトソ肉が連絡してきたら、同時査定は無かったということです。



で、予定の時間に先に到着したのは、やっぱりモトソ肉。

そこで、初めて、バイコーと同時査定だということを告げると、

 エェΣ( ̄ロ ̄lll) 

という顔をしていました。(笑)



しばらくしてからバイコー到着。

早速、2社同時査定開始。



「これは通勤に使われてたんですかー?」

という質問には「まあ」とあいまいな返事。


「買い替えとか考えてるんですか?」

という質問には「まあ」とあいまいな返事。


とにかく、余計なことはしゃべらない。
うかつにしゃべると墓穴を掘るからね。


「この傷はどうされたんですか?」

という質問にも「ん〜?」などと、お茶を濁す。


どうせ相手はあらを探しているのだから、わざわざコチラから
教える必要は無いのです。


で、そのうち、両者、「会社に相談してみます」といって
ちょっと離れたところで電話をしだしました。



一応ね。

ボク、これでも元バイク屋なのね。(もちろん言わないけど)

で、査定の仕方見てたら、

「ああ、この人たち、あんまりバイクに詳しくねーな」

って思いました。



まあ、向こうは安く買い取りたい、こっちは高く売りたい、
という、反対の思惑があるわけで、言ってみれば知恵比べなんだよね。


この場合、ボクは素人を装って、とにかく査定額を出させて、
へっぽこな金額を提示したら、ぶちきれて、
追い返してやろうと思ってたんだけど。



10分くらいして、電話が終わり、両社がメモに買取金額を書いて
ボクに渡してきました。


「高い金額の方を読み上げてください」って。

「高い査定をした方が買取ということで」だって。



おいおい、何かってに買取決定してんだっつうの。
まあ、とりあえず査定額を見てみようと。



メモを見ると、モトソ肉のメモには¥124,000円。


 オオΣ( ̄ロ ̄*) 


以外にも10万を超えていてビックリ。
こりゃあ、この金額で決まりか?と思いつつ、
バイコーのメモを見ると・・・・







¥140,000-



ん?

じゅうよんまんえん?


 オオオΣ( ̄ロ ̄lll) 







というわけで、ボクはぶちきれることなく、

モトソ肉さんはあっさり引き下がり、

ボクのバイクは14人の諭吉さんとなって、ポケットに収まり、

動かない我が愛車は、動かないという事実を知らないバイコーさんに
引き取られていきました。



※これは実話ですが、必ずしも今回のような結果になるとは、断言できません。あくまで参考にとどめてください。

<<続・動かないバイクの売り方 | 原付バイク@メンテナンストップへ | 原付バイク@メンテナンス テスト投稿>>



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。