原付バイク@メンテナンス > バイクの豆知識 > タイヤは太い方が偉い!?

バイクの豆知識

タイヤは太い方が偉い!?

原付バイク@メンテナンスの【アイシー】です。


最近の原付は太い(ファット)タイヤが多いような気がするのは気のせい?

まあ、流行ってるんでしょうけどね。

で、タイヤの太さって、いろんな所に影響します。

まず、燃費。当然細いタイヤの方が、接地面積が小さくなるので、抵抗が少なく、燃費もよくなります。

次に、コーナー安定性。これは、逆にタイヤが太い方が安定感があります。

ただ、タイヤが細い方が、バンク角が深くなるので、曲がりやすいという人もいますけどね。

また、直線走行の場合も、細いタイヤの方が速く、安定感があります。

発進時の加速も、接地面積と抵抗の少ない、細いタイヤの方がいいですね。

ブレーキ性能は、逆に接地面積、抵抗の多い、太いタイヤの方がいい。

まあ、原付(50cc)の場合、せいぜい5馬力くらいなので、エンジンパワーを路面に伝えるのに必要なタイヤの太さって言うのは、スーパーカブのタイヤくらいあれば十分なんですけどね。

人気ブログランキング←日本最大級のブログランキングサイトです♪

<<原付バイク@メンテナンス【目次】 | 原付バイク@メンテナンストップへ | 自分の原付のスペックを知る>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
[必須入力]
URL
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。